« 近視について 6 | トップページ | 近視について 8 »

近視について 7

近視矯正にしろ他の矯正でも、難しい点は「違和感」の問題です。

メガネを掛けると空間視の違和感がおきます。
それは、ひとつには眼とレンズの距離があるためです。
つまり裸眼で見える物体が自然だとすると、レンズを通して見た物体は少し形や大ききなどが異なって見え、不自然だということです。

その不自然な感じは、近視、遠視、乱視によって、それぞれの特徴があり、また乱視軸方向により、特徴があります。
斜位を矯正するプリズム処方にも違和感はおきます。

 

度数を1段階変えただけでも「とても掛けられない!」と訴えられることもあります。

適応能力には個人差も大きいのですが、基本的には「メガネはお客様との共同作業で作るものです」

理想の矯正と違和感のどこかで妥協点を見出していくしかないのですが、それも拒否されることもあります。

そうなると「失敗」の結果になります。

ま、失敗は成功の仮定や、成功に繋がこともありますから、悪いことばかりではありませんが・・・・・。

近視度数をどうするか・・・・・心理的にも視機能的にも脳が関係してくるので、奥が深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 近視について 6 | トップページ | 近視について 8 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近視について 6 | トップページ | 近視について 8 »

最近のトラックバック