« 多角形フレーム | トップページ | 近視について 12 »

近視について 11

先日、某テレビ番組の冒頭で女性アシスタントのかたが目の手術について話していました。

その話しぶりは嬉しそうに「視力は2.0出ます」と言っていました。

(おそらくその手術は「フェイキックIOL(ICL)」です)

しかしこの手術、レーシッよりは角膜へのダメージは少ないでしょうが、角膜に傷をつけることは間違いありません。

将来的な安全が保証されている訳ではありません。

「挿入したレンズの除去が比較的容易である」といっても、除去することのリスクもあります。

 

健康な目に傷をつけていいものかどうか・・・・・。

できれば体内に異物を入れないほうがいいと思いますが・・・・。

ま、レーシックよりはマシか・・・・。

いずれにしろ、リスクのある手術を受けることは日本の医療費を高める結果になります。

 

 

 

 

« 多角形フレーム | トップページ | 近視について 12 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多角形フレーム | トップページ | 近視について 12 »

最近のトラックバック