« 壬生義士伝 | トップページ | 「Putri (プトゥリ)」 とIsoTope(アイソトープ)の入荷。 »

近視について 36

「目の大きさ」について

強度近視のメガネにおいては、頂間距離(角膜とレンズ面の距離)が長くなるほど、同じ度数でも目の大きさは小さく見えます。

小さく見えないようにするためには、頂間距離がまつ毛につかないぐらいに短くすればいいのですが、それには適切なフィッティングが必要になります。

(頂間距離が短く設定しづらいフレームもありますので、適切なフレーム選びも大事になります)

同じ度数のレンズ(S-9.25D)のテストレンズを、テストフレームの右眼の一番奥(目に近い)と、左眼の一番手前(目から遠い)に入れて写真を撮りました。
これだけ、左右で目の大きさが違って見えます。  


ウスカル会オリジナルフレームは、頂間距離が短く調整できる設計になっています。

ウスカル会オリジナルフレームは、全国の「ウスカル会会員店」でご購入できます。

 

« 壬生義士伝 | トップページ | 「Putri (プトゥリ)」 とIsoTope(アイソトープ)の入荷。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 壬生義士伝 | トップページ | 「Putri (プトゥリ)」 とIsoTope(アイソトープ)の入荷。 »

最近のトラックバック