« ニューヨーカー フレーム | トップページ | ファルベンの入荷 2 »

近視について 60

<近視度数の検査方法>


■4面トワール
・調節バランス
調節バランステストに特化したトワールです。
素早く調節バランスが確認できます。

使い方

まず基本度数(完全矯正度数)のままで、このトワールで両眼に+0.75Dをあてがいます。

視力が0.6~0.9になるのを確認し、左右眼でのぼやけ具合を比較していただきます。

その「比較」もかならず両眼をあけた状態での両眼開放での比較です。


↑単眼視検査(右眼と左眼を交互に見比べ比較をします)


↑両眼開放屈折検査(両眼を開けた自然な状態で、右眼と左眼を同時比較で見比べをします)

このトワールは、

片眼に+0.75、片眼に+1.00の負荷

片眼に+0.75、片眼に+1.25の負荷

もできます。

右眼と左眼の見え方を比べる「4面トワール」

このトワールを考案したO氏の業績は半端ありません!

 

 

« ニューヨーカー フレーム | トップページ | ファルベンの入荷 2 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューヨーカー フレーム | トップページ | ファルベンの入荷 2 »

最近のトラックバック