« 大きいメガネ「ビオロンセロ」 | トップページ | ウスカルセルフレーム「メギノア」 »

近視について 66

両眼調節バランステストも「両眼開放屈折検査」の一つです。
単眼視検査では、不必要な調節が介入する可能性が高くなります。
(調節はありがたい機能なのですが、屈折検査のときには邪魔な存在になります)


特殊なフィルターレンズを使用します。
  
■両眼での見え方
ランドルト環は、3段に分かれています。

右眼で一番上の段
左眼で一番下の段
両眼で真ん中の段
を見ています。 

 ■右眼での見え方
右眼で一番上の段
両眼で真ん中の段
が見えています。

一番下の段は、右眼では見えていません。

両眼を開けたままで、右眼の測定をします。


  ■左眼での見え方
左眼で一番下の段
両眼で真ん中の段
が見えています。

一番上の段は、左眼では見えていません。

両眼を開けたままで、左眼の測定をします。
両眼調節バランステストでは、まず基本度数よりプラス寄りの度数に変えて、少しぼやかした状態にします。(このことを「雲霧」と呼んでいます)

調節の介入を防ぐためです。



その場合、4面トワールを使用することもあります。
4面トワールでは、素早く雲霧することができます。
左右眼での雲霧量の調整も簡単にできます。


 

« 大きいメガネ「ビオロンセロ」 | トップページ | ウスカルセルフレーム「メギノア」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大きいメガネ「ビオロンセロ」 | トップページ | ウスカルセルフレーム「メギノア」 »

最近のトラックバック