« 軽いコンビネーションフレーム | トップページ | 丸メガネ(チタン) »

近視について 76

<近視性乱視>

空間視の感じ方は、

斜乱視 2
(左右とも乱視軸が45°付近の
乱視の場合)

右 C-0.75D Ax45  左 C-0.75D Ax45
 
・床が右下がりに見えるように感じる  ・壁が右に傾いて見えるように感じる

------------------------------------------------------------------

私の度数は、

R(右眼) S-1.25D C-0.50D Ax15

L(左眼) S-3.50D C-0.75D Ax85

(Sは近視度数、Dは度数の単位、Cは乱視。Axは乱視軸)

近視性乱視で不同視です。

乱視軸は、左右で違っています。

私のように乱視軸が左右で違うことは珍しいことではありません。

かえって、上記のように45°、45°というのは日本人では少ないと思います。

では、空間視の違和感は、どちらが少ないか・・・・。

「左右で乱視軸が違っているほうは、違和感が相殺される」ことも考えられますが、複雑な脳はそんな簡単なものではありません。

空間視の感じ方、違和感は、個人差も大きいです。

 

 

 

 

 

 

« 軽いコンビネーションフレーム | トップページ | 丸メガネ(チタン) »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽いコンビネーションフレーム | トップページ | 丸メガネ(チタン) »

最近のトラックバック