« ウスカルメガネ「キグ・クロスギア」 | トップページ | 遠近累進の処方箋 »

近視について 85

<近視と車の運転>

・視機能について

大型免許や、第二種免許には「深視力」が必要になってきます。

深視力検査とは機械の中に3本の線があり、3本の線のうち真ん中の線が移動します。
そのときに、3本の線が揃ったところで、スイッチを押して前後2cm以内なら合格です。

深視力は、「立体視」と「遠近感」を測定しています。
この二つの機能が良くないと、車の運転は危険性が高くなります。

大型免許や二種免許には、高度の視機能が要求されますから、適正検査は厳しくしています。
視力も両眼で、0.8以上、かつ片眼で0.5以上ないといけません。

普通免許には、深視力の適正検査は実施されていないのですが、安全運転のためには、深視力も必要です。
深視力と追突事故とは、相関関係があり、追突事故を何回も起こしているドライバーは、深視力が悪いという報告があります。

また、近視の人間は「夜間近視」と言って、昼間の視力よりも夕方夜間のほうが視力が弱くなる傾向にあります。

深視力が必要なプロのドライバーのかたは、「昼と夜とではメガネを使いわける」こともおすすめです。

 

« ウスカルメガネ「キグ・クロスギア」 | トップページ | 遠近累進の処方箋 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルメガネ「キグ・クロスギア」 | トップページ | 遠近累進の処方箋 »

最近のトラックバック