« 遠近累進の処方箋 | トップページ | 遠近累進の処方箋 2 »

近視について 86

<近視と車の運転>

深視力(深径覚)、遠近感覚が不良の原因には、眼に関する事として

1、視力の不良(遠視、近視、乱視など)
2、眼位のズレ(斜位、斜視など)
3、不同視(左右の度数差が大きい)
4、眼球運動の不良(眼を内よせする力不足、眼を外よせする力不足など)などがあります。


たとえば、内斜位があると、道路の白線が時々二重に見えたりするかたもいます。
狭い場所での駐車も困難になりやすく、接触事故も起こしやすくなります。
スピード判断にも支障がでてきやすく、重大な交通事故に繋がる恐れがあります。

上下斜位があると、軽度でも眼精疲労が起きやすくなります。
頭痛や、首肩コリの原因になる場合もあり、物が二重に見えたりすることもあります。

身体の疲労は、動体視力などにも影響を及ぼします。

人間の眼の上下方向の*融像力の幅は狭いです。上下斜位があると、車の運転はもちろんんこと、日常生活にも支障をきたすこともあります。

上下斜位のあるかたは、上下斜位を正確に矯正したメガネで車の運転をされたほうがいいです。

なお、コンタクトレンズでは、斜位の矯正はできません。斜位はメガネでの矯正になります。

 

« 遠近累進の処方箋 | トップページ | 遠近累進の処方箋 2 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠近累進の処方箋 | トップページ | 遠近累進の処方箋 2 »

最近のトラックバック