« ボストン 跳ね上げメガネ | トップページ | カメマンネン 入荷です。 »

近視について 106

メガネは見るための「道具」です。

その道具はメガネ店で完成品になります。

「どう作るか」の問題になります。

 

そして、その道具を使うのはユーザー様です。

「どう使うか」の問題になります。

 

もしも具合が悪いとしたら、それはメガネのせいではなく、作り方がイマイチ、

もしくは方向性が間違っていることもあります。

妥協を許さない使い方では、この道具は役に立ちません。

用途、用法により使いわけることも必要とします。

 

40代からは「メガネは道具」ということをより意識して、その道具を作る人間(技術者)を上手に利用することです。

 

 

 

« ボストン 跳ね上げメガネ | トップページ | カメマンネン 入荷です。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボストン 跳ね上げメガネ | トップページ | カメマンネン 入荷です。 »

最近のトラックバック