« 近視について 112 | トップページ | 近視について 113 »

大きいメガネ「エルゴノピー Ⅱ」

かつての作品「エルゴノピー」を少しマイナーチェンジした『エルゴノピー2』の登場です。

 チタン素材で、重厚感のある安定した玉型とフォルムを持つ、構造的にも安定したデザイン。
丸みを帯びたスクエア(四角形)という、定番のレンズ形状で時代の波に埋もれないだけの高級感と落ち着きを持っています。

エルゴノピーⅡはエルゴノピーと見た目がかなり似ています。
違いは、腕の側面に小さな飾り穴を開けたことと、先セルの上下幅を少し大きくしたことくらいです。

Dscn07941 Dscn07931

 

« 近視について 112 | トップページ | 近視について 113 »

大きいメガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 近視について 112 | トップページ | 近視について 113 »

最近のトラックバック