« ウスカルフレーム「モルトレジオ」 | トップページ | 大きいメガネ「バローネ R」 »

調節について 6

明視域とは。
たとえば、50歳の正視のかたで、調節力が2.5Dのかたの明視域は「∞~約40㎝(∞は遠点です)」です。
(遠方は、無限遠までピントが合い、2.5Dの調節をすれば、40㎝までピントを合わせることが可能)


50歳、正視、調節力が2.5Dのかたの明視域 
1、 メガネを掛けない場合    ∞~約40㎝
 2、 S+0.50Dのメガネを掛けた場合    約2m~約34㎝
3、  S+1.0Dのメガネを掛けた場合    約1m~約29㎝
 4、 S+1.50Dのメガネを掛けた場合    約67㎝~約25㎝
 5、 S+2.0Dのメガネを掛けた場合    約50㎝~約22㎝
 6、 S+2.50Dのメガネを掛けた場合    約40㎝~約20㎝

このように、どの度数を掛けるかによって、明視域は変化します。使用目的に応じたメガネを調製していきます。
使用目的距離が30㎝~40㎝の場合は、4番ぐらいがよさそうです。

« ウスカルフレーム「モルトレジオ」 | トップページ | 大きいメガネ「バローネ R」 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルフレーム「モルトレジオ」 | トップページ | 大きいメガネ「バローネ R」 »

最近のトラックバック