« テンプルの長いコンビネーションフレーム | トップページ | ヨウジヤマモト »

調節について 23

<調節と遠視の関係>

 

子供の遠視

赤ちゃんは、まだ眼も小さく(眼軸が短い)たいていは遠視です。


その後、身体の成長と共に眼も成長し(眼軸が伸び)正視になります。


正視で留まってくれればいいのですが、眼軸が伸びすぎて近視になる子供は少なくありません。

しかし、近視は遠視に比較しまして調節が関係してくることは少ないです。
でもそのことによって、「外斜位」になりやすい傾向にはなるのですが・・・・。

近視に関してはこちらにどうぞ→『
近視について

子供は調節力が旺盛にあります。

ある調査によりますと、5歳で平均17D、10歳で平均15.5Dとあります。
個人差もありますが、一般的に15歳ぐらいまでは10D以上の調節力があります。
いいですね、若いって(^^♪

でも、困ったことに若さと遠視の関係が良くないのです。
それは、若くて調節力が旺盛にあるということは、「調節力をふんだんに使って網膜上にピントを合わせよう」とするからです。

« テンプルの長いコンビネーションフレーム | トップページ | ヨウジヤマモト »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テンプルの長いコンビネーションフレーム | トップページ | ヨウジヤマモト »

最近のトラックバック