« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

レンズの不備

先日、こんなレンズがメーカーから送られてきました。

Dscn10211 Dscn10221

なんと、レンズの 右 1/3が スリガラス状態になっています。

一目でわかる不備なのに某レンズメーカーは、仕上がりチェックもしないのでしょうか。

いやはや、困ったもんです・・・・。

 

 

コンビネーションフレーム(日本製)

コンビネーションフレームの入荷です。

コンビネーションフレームとは

フレームの主要部分が、プラスチックと金属の組み合わせによって作られた眼鏡フレームです。

フロントとテンプルの骨組みが金属で、フロントの一部にプラスチックが組み合わされたフレームは、
ブローラインフレーム」、「サーモントフレーム」などとも呼ばれます。
コンビネーションフレームは、お顔の印象をハッキリ見せたいかたに、おすすめのフレームです。
プラスチックの柔らかでカラフルなカラーを、メタル(金属)で引き締めます。

ブローラインフレームは、お顔の大事な部分である眉の変わりになります。
眉毛が薄くなったかたにもおすすめです。

MADE IN JAPANにこだわっている当店からのおすすめの日本製品メガネ。

Dscn10911 Dscn10921 Dscn10931

調節について 33

<調節力と老眼鏡の関係>

近用眼位

次に基本度数に加入度数を加えた度数で、斜位のあるかた、眼精疲労のあるかたなど、必要性のあるかたは近用眼位の検査をしていきます。
近用眼位は、遠用眼位とは異なることがほとんどですから、近用眼位の検査も大切になります。

近見では外斜位のあるかたが少なくありません。(生理的な外斜位も含めれば、ほとんどのかたにあります)
外斜位のかたは、外方向(耳側)に眼の筋肉がズレていますから、眼を内方向(鼻側)に寄せる必要がある近業に疲れやすいです。

斜位があって、眼が疲れやすいかたには斜位の修正をしていきます。

こちらの特殊な視力表で適切な加入度数を検査します。

使用目的距離に適した老眼鏡を作ります。

金色のメガネ

金色の不思議なメガネが入荷しました。

Dscn10901

調節について 32

<調節力と老眼鏡の関係>

使用目的距離

基本度数を正確に検査して、次に老眼鏡の使い方などについてお訊きします。
それは、老眼鏡の使い方も人それぞれで、使い方によって使用距離が違ってくるからです。
たとえば
・細かい作業用に20cmで
・読書用に40cmで
・パソコン用に50cmで
・楽譜などを見る用に60cmで
と、使用目的距離はさまざまです。

人の体格もさまざまです。当然手の長さも人それぞれですから、手の長さによっても使用距離が違ってきます。
そして使用目的距離に適切な加入度数(基本度数に調節力を補うプラス度数を加えたもの。老眼鏡の目安度数)を検査します。

使用目的距離に適切な老眼鏡を調製していかないと、眼の疲れがでてきやすくなり、老眼の進行を早める場合もあります。

ニューヨーカー

「ニューヨーカー」入荷しました。

いつもよりきらめく世界が見える

NEWYORKERの女性向けコレクション。
女性が持つ「やさしさ」や「かわいらしさ」を引き出し、日々の生活をキラキラさせる特別なアクセサリーになれたら…そんな想いから誕生。
NEWYORKERのトラディショナルな雰囲気を残しつつ、色遣いにこだわり、今らしさを演出。豊富なカラーと大小様々なシェイプは、どんなライフスタイルにでも必ず似合い、女性本来の魅力をより引き立たせる。NEWYORKER Women’sは、なりたい自分になるアイテム。

Dscn10871

 

Dscn10861  Dscn10881 Dscn10891

調節について 31

<調節力と老眼鏡の関係>

老眼鏡にも適切に調製した乱視は必要です。

適切に乱視を調製しないと、眼が疲れる恐れがでてきますし、見え方もイマイチということも起こります。

それと大切なのは、基の眼の眼位(視軸の向き)はどうなのかということです。
斜位があるのか、ないのか(これも厳密にいえば、ほとんどのかたに斜位はあります)
斜位の方向はどうなのか、斜位量はどのぐらいあるのか。

斜位で眼が疲れやすい状態なのか、斜位によって肩コリなどの症状がでていないか。
いろんな点で眼位状態をチェックします。

基本の眼の度数、眼位をいかにキッチリ検査するかで老眼鏡の善し悪しがきまります。


メガネのくもり止めの実験

メガネレンズの「くもり止め」クリーナーで、簡単な実験をしてみました。

当店に在庫している4種類のクリーナーです。

それぞれ、クリーナーの粘度などが違います。

Dscn11501

実験には象印製の「スチーム式加湿器」を使用しました。

スチーム式はヒーターによる加熱でお湯を沸かします。

「くもり止めクリーナー」を塗りこんだメガネに、その蒸気(お湯)をあててみました。

Dscn11461 Dscn11451

実際にメガネを掛けた状態でも試してみました。

結果、くもり止めを塗ったレンズと、塗っていないレンズは大きな差がでました。

Dscn11521

ま、この結果は当たり前ですが・・・・・。

それで、各くもり止めクリーナーの効果は・・・・。

それぞれくもり止め効果の微妙な違いがありました。

それと湯気のつきぐあいも違いました。

Dscn11561

もちろん、環境によっては結果は変わるでしょうが、いろんなシーンで最適な

くもり止めクリーナーを使用されたらいいと思います。

 

 

 

 

 

吹雪

いの町に大寒波がやってきました。

Dscn11591

午後3時、吹雪いています!

今日は積もるかな・・・・。⛄

調節について 30

<調節力と老眼鏡の関係>

当店は調節力と輻湊力を考慮に入れて、使用目的距離に合わせて快適で見やすい老眼鏡を作ります。

老眼鏡を作るのは、昭和32生、老眼まっただ中の眼鏡士 浜田 清が調製します。

老眼鏡作りの第一歩は、基本度数の測定から

老眼鏡作りの基本は、基の眼の度数にあります。
眼が正視なのか、近視なのか、遠視なのか。
眼の屈折状態によって老眼鏡の度数は、大きく異なるからです。

たとえば正視で50歳、調節力が2.00Dで、老眼鏡の度数が2.00Dが適切だとしますと、
同じ調節力で遠視のかたは、2.00D+遠視の度数が適切度数の目安になります。
(遠視度数がS+1.00Dだと、1.00D+2.00D=+3.00D)
同じ調節力で近視のかたは、2.00D+近視の度数が適切度数の目安になります。
(近視度数がS-1.00Dだと、-1.00+2.00=+1.00D)

乱視のかた(厳密に言えば乱視がゼロのかたは、ほぼいません)は乱視度数、乱視軸を細かく正確に検査します。
「老眼鏡には乱視はいらない」なんてことを言う人もいますが、けっしてそうではありません。

老眼鏡にも適切に調製した乱視は必要です。


適切に乱視を調製しないと、眼が疲れる恐れがでてきますし、見え方もイマイチということも起こります。

 

 

アイソトープ(木目)

木目調のisoTope(アイソトープ) 入荷しました。

Dscn10831

調節について 29

<調節と遠視の関係>

■遠視があるかどうか、 チェックしてください。

赤色の中の文字緑色の中の文字とどちらがハッキリ見えますか。

緑色の中の文字が赤色の中の文字よりも見やすいのであれば遠視の可能性があります。 
緑色
の中の文字 > 赤色の中の文字


赤色
の中の文字が緑色の中の文字よりも見やすいのであれば、近視か正視か遠視です。 
緑色
の中の文字 < 赤色の中の文字


赤色
の中の文字と緑色の中の文字の見え方がほぼ同じであれば、近視か正視か遠視です。 
緑色
の中の文字 = 赤色の中の文字


この簡易視力標は「赤色の中の文字が見やすい。もしくは、見え方はほぼ同じ」」と言っても、信頼度は低いです。
調節機能が働いて潜伏性遠視なのに正視もしくは近視と判定されることもあるからです。

要するに、緑色の中の文字がハッキリ見えるのであれば、遠視を疑ってください。

いろんな距離でチェックしてください。

なお、近見距離用は調節力や老視のチェックにも使えます。

緑色の中の文字
が見やすいのであれば、調節力に問題がある可能性があります。
近見用メガネを調製するかどうかの目安に使ってください

コンタクトレンズは危険

高知新聞 (2月12日付け)より

コンタクト使用 低年齢化 角膜痛める危険

杏林大医学部の山田昌和教授は「コンタクトレンズは自覚症状がなくても角膜を痛めていることがある。最も重症の眼傷害は感染性角膜炎。コンタクトレンズをしていると発症リスクは約10倍にもなる。使い方を誤ると失明することもある」と指摘する。

 

そんな危険なものを販売してるのは誰だ・・・・!

でも、ま、そんなことを言ったら、世の中には便利だけど危険なものは多々あります。

賢い選択は「危険なものでもいかに上手に使うか」でしょうね。

 

コンタクトレンズを使いたければ、眼科での定期検査が大事ということです。

しかし、「病院は危険な場所でもある」とあるドクターがおっしゃっていました。

 

この記事では「メガネで矯正が可能ならば、メガネのほうが安全です」と書いてほしかったです・・・。

 

RIDOL(リドル)

RIDOL(リドル)入荷しました。

Dscn10791

自分らしさを大切にしながら、ある時はハードに、ある時にはクールに、時代に溶け込みながらも常に先を見据えている、パイオニア的存在の人々に提案して行きたい。

プレート材のフロントパーツにプレス+一コ智・スパルタ加工のヨロイ・テンプルを組み合わせたハイクオリティーのオールメタルチタンフレーム。

フロントのプレート材とプレスパーツの一コ智を接合する為、専用のヨロイ金型を製作。モダンなハイブリッジのバランスや、シャーリングとポリッシュのコンビネーション処理など、 メタルの質感を充分に味わえる仕上がりとなっている。 レンズシェイプはスクエア。表面処理は、耐久性に優れたイオンプレーティングの他に、表面処理を施さないチタンナチュラルもラインナップしている。

パットは体温によって柔らかくなることで、形状が掛ける人の鼻にフィッし、なおかつ40℃以下の温度で形状を保持する形状記憶樹脂を用いたものを採用している。 (メーカーHPより)

Dscn10811 Dscn10821

 

メガネ調製のご説明

「メガネはいくらから作れますか?」とご来店のお客様。

お尋ねしますと、「あるメガネ屋で、メガネを作ったけど具合が悪い。それも2本とも・・・」

とおっしゃいます。

それで、価格と当店でメガネを作る場合の注意点などをご説明しました。

「メガネを作る場合は、2時間ほどお時間をいただきたいです」

「えー、そんなに時間がかかるの」

「はい、まず具合の悪い原因も調べないといけませんし、丁寧に検査して、装用テスト、フィティング、取り扱いのご説明などで2時間ぐらいはかかります」

「・・・・・・」

「また、フレーム選び、レンズ選びの時間もかかります。その時間などはお客様次第でもありますが・・・・」

「考えときます・・・・」

ということで、メガネのご購入には至りませんでしたが、中途半端にメガネを調製しても具合の良いメガネになる確率は低くなります。

「安い、早い」の安売り店に比較すると、当店は「高い、遅い」になります。

何を優先するか・・・・です。メガネ選びは。

眼鏡商人が、安価な中国製のフレームに、マトモな検査もしないでレンズを入れ、お顔に合わせてのフィッティング調整もしない(できない)。メガネらしき雑貨品を作る店。

それでよければそれでいいのですが、光学製品であるメガネを調製する場合は、優先的に技術者選び(人選び)をしてください。

 

営業中

「営業中」の看板が新しくなりました。

Dscn11321

当店の営業時間は「AM9:00~PM7:00」です。

この看板が出ているときは営業しています。(当たり前)

店舗は南向きで日当たりは良くて、住むのには快適なのですが、いかんせん紫外線も入ってきます。

それで、ブラインドはいつも下ろしています。(商品はすべて箱にしまっていますが)

「ブラインド下りている=定休日」と勘違いするかたもいましたので、「営業中」は常に看板等でアピールしてきました。

この吸着シートもそうです。 ↓

Dscn11441

このシートも年季が入ってきました・・・・。

 

調節について 28

<調節と遠視の関係>

お子様の遠視に関しては、遠視眼鏡の処方をする眼科は時間をかけて丁寧に説明したほうがいいと思うのですが、今の医療体制では難しいのでしょう。

今後、ユーザーのためにも眼鏡士の私ができる範囲でお答えしていきます。
眼科からは「よけいなことをするな!」と睨まれるかも知れませんが・・・。

ちなみに私の眼鏡学校時代には、故・平松先生が「人をみたら、遠視と思いなさい!」と、口すっぱくおっしゃっていました。
それだけ随意遠視は潜伏しやすく、見逃しやすい傾向にあるからです。

潜伏している遠視を「潜伏遠視」と言います。

もぅ一度言います。

随意遠視、相対遠視は、遠方の視力は悪くありません。
「遠方が良く見えているから安心、ではない」ということです。

親御様はお子様の近見視力を定期的に確認し、視行動を観察してください。

相対遠視であれば、近見視力が不良になる場合が多いです。

随意遠視であれば、近見視力は問題ない場合も多いのですが、「なんだか見えづらそうにしている」とか「近くのものを見るときに辛そうだ」の症状が出る場合もあります。
・集中力がない
・目を細める
・文字が正しく書けない
などがあった場合、早めに眼科を受診してください。

子供の近見視力不良の場合、弱視になる恐れもあります。

RIDOL(リドル)サングラス

RIDOL(リドル)サングラス 入荷しました。

Dscn10771 Dscn10781

 

RIDOLサングラスは、度付き対応可能です。

大きいお顔のかたにも適合するサイズです。

調節について 27

<調節と遠視の関係>

遠視に関するご質問

先日、遠視のメガネを掛けているお子様の親御様から「遠視の度数が変化しているみたいです。このままこのメガネを掛けていても大丈夫でしょうか」とご質問をいただきました。

本来、こういう質問は眼科にしたほうがいいのですが、「忙しい眼科には質問し辛い」ということで、当方にお尋ねになられたのです。

私がわかる範囲で、私なりの考えも踏まえてお答えしました。

まず、「大丈夫ですか」とのご質問に、私はキッパリと「大丈夫です!」と親御様に言いました。
親御様の不安を取り除くためです。

親御様はお子様の眼に関して不安が一杯ですからね。「さー、どうでしょうかねー」なんてお答えしたら最悪です。不安が拡大されるだけです。

もちろん大丈夫とはいえないのに、大丈夫と言ってしまうのも良くはありません。

次に、遠視の説明から入り、遠視に起こりやすい害、遠視で起こりやすい眼位等を詳しくご説明しました。
近視の親御様に遠視をご理解いただくのは骨の折れる作業ですが、大切なお子様の眼です。しっかりとご説明します。

親御様が不安に思っていることは、

お子様が現在掛けている遠視のメガネは

R S+3.50D
L S+4.00D とします。

眼軸が長くなって、遠視度数が弱くなり、眼の遠視度数が
R S+2.50D
L S+3.00D になった場合、
「眼の遠視度よりも強い遠視メガネを掛けると、遠視度数が進んだり、何か害があるのでは」ということです。

近視のかたが、「眼より強い度数は良くない」と思うのは、あたり前のことです。実際に眼より強い近視度数を掛けるのは良くないことですから。

なぜ、良くないのか。強すぎる近視メガネを掛けると、眼の屈折状態が近視を通り越して遠視状態になるからです。

すると、「遠視による害を受けやすくなる」ということです。


では、遠視のかたが眼の遠視よりも強い度数を掛けた場合は・・・・近視 < 近視メガネ の逆になります。
眼の屈折状態は遠視を通り越して近視状態になります。
上記の例では
R S-1.00D
L S-1.00D です。
これぐらいの近視になってもどうということはありません。やや遠方がぼやけるぐらいです。
近視の害は遠視に比較して、はるかに少ないです。

ですから、眼よりも多少強い遠視メガネを掛けていても大丈夫です。
(もちろん、近視よりも正視状態になるほうが理想です)

 
眼の遠視度よりも強い遠視メガネを掛けると、眼に入る平行光線は網膜よりも前に結像します。(赤い線)
眼の屈折状態は「近視眼」と同じことになります。

近視眼は調節に負担がかかることはありません。


ということは、遠視眼は「眼よりも弱い遠視のメガネでは、大丈夫ではない可能性が高くなる」ということです。
お子様が「裸眼で不自由ない」と言っても、随意遠視である可能性がありますから、ほぼ正視になるまではメガネ矯正をしてください。

 

ウスカルフレーム「ドウグ・ラチェット」

 以前に「ウスカル会」からリリースしました『ドウグ・ノギス』と、ほぼ同じレンズ玉型を持つモデル。
それが『ドウグ・ラチェット』です。
ドウグノギスと同じように、アンティーク系の一山眼鏡としてデザインしていますが、レンズまわりの「リム」の種類を「紋様入り」に変えることで、よりクラシックな雰囲気を持たせています。

Dscn10751 Dscn10761

 

調節について 26

<調節と遠視の関係>


 小学生以下のお子様で遠視が疑われる場合は、眼科を受診してください。
眼科では「調節麻痺剤」を点眼し、調節機能が働かないようにして、潜伏している遠視まで検査することが可能です。
(メガネ屋では「調節麻痺剤」を使用することはできません)

眼科では定期的に屈折状態などをチェックしてください。
子供は屈折状態も変化しやすく、遠視度数が弱くなって、ほぼ正視になる子供もいるからです。

Ti-feel 入荷しました。

Ti-feelの入荷です。

Dscn10721 Dscn10731 Dscn10741

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

最近のトラックバック