« 金色のメガネ | トップページ | コンビネーションフレーム(日本製) »

調節について 33

<調節力と老眼鏡の関係>

近用眼位

次に基本度数に加入度数を加えた度数で、斜位のあるかた、眼精疲労のあるかたなど、必要性のあるかたは近用眼位の検査をしていきます。
近用眼位は、遠用眼位とは異なることがほとんどですから、近用眼位の検査も大切になります。

近見では外斜位のあるかたが少なくありません。(生理的な外斜位も含めれば、ほとんどのかたにあります)
外斜位のかたは、外方向(耳側)に眼の筋肉がズレていますから、眼を内方向(鼻側)に寄せる必要がある近業に疲れやすいです。

斜位があって、眼が疲れやすいかたには斜位の修正をしていきます。

こちらの特殊な視力表で適切な加入度数を検査します。

使用目的距離に適した老眼鏡を作ります。

« 金色のメガネ | トップページ | コンビネーションフレーム(日本製) »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金色のメガネ | トップページ | コンビネーションフレーム(日本製) »

最近のトラックバック