« コンタクトレンズは危険 | トップページ | アイソトープ(木目) »

調節について 29

<調節と遠視の関係>

■遠視があるかどうか、 チェックしてください。

赤色の中の文字緑色の中の文字とどちらがハッキリ見えますか。

緑色の中の文字が赤色の中の文字よりも見やすいのであれば遠視の可能性があります。 
緑色
の中の文字 > 赤色の中の文字


赤色
の中の文字が緑色の中の文字よりも見やすいのであれば、近視か正視か遠視です。 
緑色
の中の文字 < 赤色の中の文字


赤色
の中の文字と緑色の中の文字の見え方がほぼ同じであれば、近視か正視か遠視です。 
緑色
の中の文字 = 赤色の中の文字


この簡易視力標は「赤色の中の文字が見やすい。もしくは、見え方はほぼ同じ」」と言っても、信頼度は低いです。
調節機能が働いて潜伏性遠視なのに正視もしくは近視と判定されることもあるからです。

要するに、緑色の中の文字がハッキリ見えるのであれば、遠視を疑ってください。

いろんな距離でチェックしてください。

なお、近見距離用は調節力や老視のチェックにも使えます。

緑色の中の文字
が見やすいのであれば、調節力に問題がある可能性があります。
近見用メガネを調製するかどうかの目安に使ってください

« コンタクトレンズは危険 | トップページ | アイソトープ(木目) »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンタクトレンズは危険 | トップページ | アイソトープ(木目) »

最近のトラックバック