« 日本製「ラインアート」の入荷です。 | トップページ | 度数の選び方 3 »

浜田 タカアキとひずみ計

メガネのハマヤ三代目、浜田 タカアキ(嵩章)は、4月から店に出ています。

それまでは、愛知県で10年間修業していました。

当然、その店のやり方に慣れています。

「お客様満足度90%」を目指す当店では、その店の良い点は踏襲していきます。

もちろん、当店独自の味(技術)、浜田 清の知恵も受け継いでいくことになります。

 

まず、メガネの加工に関して、

■レンズ枠入れ加工のときはひずみ計でチェックします。
詳しくは「こちら」をご覧ください。

ということで、当店は(浜田 清は)今までは、「手作りひずみ計」でひずみのチェックをしていました。

「これでは見えづらい」と三代目が指摘。

フムフム・・・・。と二代目。

 


良い点は取り入れていく方針で、

早速、最新式の「歪度計」(照明付)を導入しました。

Dscn12391 Dscn12401

明るさも調整できて、ひずみ加減がバッチリよくわかります。

「まー、納得ですな」と二代目。

 

メガネ店選びは、人選び(技術者選び)が大事です。

「ひずみ計は置いていますか」と訊くことも良い方法です。

« 日本製「ラインアート」の入荷です。 | トップページ | 度数の選び方 3 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本製「ラインアート」の入荷です。 | トップページ | 度数の選び方 3 »

最近のトラックバック