« アクアリバティ | トップページ | 日本製「ラインアート」の入荷です。 »

度数の選び方 2

<度数選びは、お客様と浜田 清と久美+タカアキの共同作業になります>

「えー、度数はそちらで測定した度数でいいのでは」と思っておられるかたもいらっしゃると思いますが、やはり度数も最終的にはお客様に選んでいただくことになります。
当然、光学的知識に疎い一般のかたの度数選びは、測定者に委ねる部分が多くなります。 
( メガネ屋でも光学的知識に疎い眼鏡販売者がいます)

メガネ作りの基本は人選びです。
どれだけいい材料を使ったとしても、度数がよくなければペケのメガネになります。


度数を選んでいただく場合、まずお客様の基本度数(完全矯正度数や全矯正度数とも呼びます)をだすことから始まります。
検査の基本は、
・屈折検査(近視、遠視、乱視)
・眼位検査(斜位)
・両眼視機能検査(遠近感覚など)
です。
これは、非常に重要な検査です。基本度数によってお客様の持っている視機能を知ることができます。

この大事な基本度数を求めないで、調製度数(実際に作る度数)を提示しようとすることは、マズイです。 
オートレフ(コンピュータ測定器)のデータだけで、メガネを作るのは無謀です。

« アクアリバティ | トップページ | 日本製「ラインアート」の入荷です。 »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アクアリバティ | トップページ | 日本製「ラインアート」の入荷です。 »

最近のトラックバック