« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

輻輳機能の異常 2

輻輳機能の異常

② 輻輳過剰

定義は、

<遠方ではほぼ正位で、近方では大きな内斜位>

その分類を

輻輳不全は自然な異常。

輻輳過剰は不自然な異常。

と、さらに私が勝手に分類してみました。

人間は年齢とともに、輻輳機能が弱くなる傾向です。

なので、輻輳不全は、そんなに気にすることはありません。

大きな問題になりやすいのは、成人になってからの輻輳過剰です。

輻輳する必要がないのに、大きな輻輳をしてしまうかた。

これが大きな問題です・・・・。

(もちろん、輻輳不全にも不全が大きい小さいがあります)

 

 

ウスカルフレーム「グルニオ」

「グルニオ」というモデル名を持つナイロールフレームがあらわれました。
グルニオは、現代工学的な雰囲気を持つ、インダストリアルの系統を目指したフレームデザイン。
レンズ周りから、フレームそのもののアウトラインにボリューム感を出せる「チタン抜き枠」ですので、その個性を最大限に活かすよう、各部分の二次元的な隆起、「広い」「狭い」のバランスをつきつめてデザインしています。

Dscn13341 Dscn13351 Dscn13361 Dscn13371

輻輳機能の異常

遠見では大きな問題はないのに、近見では「何となく見えづらい」、「時々、モノがダブって見える」などの症状があるかたは、「輻輳機能」に問題がある場合もあります。

輻輳機能(両眼視)の異常を分類しますと

① 輻輳不全

② 輻輳過剰

③ 開散不全

④ 開散過剰

➄ 基本的外斜位

⑥ 基本的内斜位

とWickの分類法があります。

この分類法に従えば、上記の主訴は「輻輳不全」ということになります。

「輻輳不全」の定義は、

「遠方ではほぼ正位で、近方では大きな外斜位」となっています。

でも、実際にはそんなにキッチリと分類できるものでもなく、「輻輳不全」のようでもあり、「基本的外斜位」のようでもある。

というのは少なくありません。

なので、当店では「外斜位で、輻輳不全タイプです」などと言うことがあります。

コンテス 入荷しました。

コンテス」入荷しました。

Dscn13311 Dscn13321 Dscn13331

深視力 事例<不同視> 6

事例6

後日、調製したメガネで本番の「深視力検査」に臨んでいただきました。
結果は・・・・残念ながら不合格。

再度、トレーニングをしました。

1週間後の試験では・・・・・これも不合格。

できれば、半年ぐらいは調製したメガネで過ごされて、その上で視機能トレーニングをしたほうがいいのですが、そうはいっておられない事情もあります。

なんとかして合格してもらわないと・・・当方の腕の見せ所でもあります。

そこで、秘密兵器の「深視力トレーニングボックス(仮称)」貸し出しさせていただきました。
「これでしっかりと、お家で練習してください」と。
あと、視機能トレーニンググッズもお渡ししました。

その後、「合格しました!」と嬉しいご報告をいただきました。


「やれば、できる!」ということで、不同視のかたも「深視力」を諦めないでください。
本番の深視力検査に何度か挑戦していただく場合もありますが、それも貴重な練習(視機能トレーニング)と考えてください。

途中で諦めるのは絶対にもったいないです。

ジョンレノン メガネフレーム

ジョンレノン フレームの入荷です。

Dscn13241 Dscn13251 Dscn13261 Dscn13271 Dscn13281 Dscn13291

深視力 事例<不同視> 5

事例6

この度数での深視力検査は、「棒の動きがわかりません」とおっしゃいます。
棒の動きが分かりづらいのは、想定内です。
そんなに簡単に、高度な視機能が発揮できるとは思えません。
その機能を発揮するには、しっかりと深視力検査(視機能)トレーニングをしていだくことになります。
暫くトレーニングをしていただき、度数の調製をしてみました。
R S+0.25D C-1.50D Ax85 3△B.I.
L Sー5.25D C-0.25D Ax70

すると、この度数のほうが深視力検査においては向上する感触がありましたので、F様とのお話合いの結果、上記の度数に決定しました。

さて、この度数で本番の深視力検査に臨んだF様は・・・・・。

 

リドル

リドル ナイロール 入荷しました。

Dscn13191 Dscn13201 Dscn13211 Dscn13221

深視力 事例<不同視> 4

事例 6

F様が子供のときから適切に不同視を矯正していたら、プリズム誤差問題もクリアしていて、おそらく深視力検査もスムーズに合格していたのではないでしょうか。

といっても、片眼が見えていれば、大きな不自由はないので、そのまま過ごされていたのでしょう。
実際、私も子供のときから「不同視」で子供の時は眼鏡矯正をしていませんでした。
なので、その気持ちはわかります・・・・。
しかし、不同視は視機能不良が起きやすくなります。
視機能のなかでも最高機能を要求される「深視力検査」などが苦手になります。
当然、通常の車の運転などにも支障がでてくることもあります。

さて、それでF様の調製度数をどうするか・・・・。
通常、不同視のかたの場合、まず、左右眼で度数差の少ないメガネを選択して、「徐々に度数を適切度数に近づけていく」方法でいく場合が多いです。
しかし、今回の目的は「深視力検査合格」です。
度数差を少なくすれば、視力検査にも不合格になる恐れがでてきます。

それで、視力検査には合格できそうな
R S+0.25D C-1.50D Ax85 3△B.I.
L Sー4.50D C-0.25D Ax70
で、装用テストをしてみました。
当然「違和感があります」と訴えられました。
今回、「深視力合格が目的ですから・・・」と、ご説明。


テンプルの長いナイロールフレーム

・お顔が大きめのかた。
・耳までの奥行きが長いかた。
・通常のメガネフレームでは、テンプル(腕)の長さが足りないために、掛け心地がイマイチのかた。

「テンプル長いフレーム」の入荷です。

鼻幅も広くなっています。

Dscn13181


当店は、テンプルの長いフレームを在庫しています。

 

 

お知らせ

7月14日(水)

本日、都合により午後5時に閉店させていただきます。

ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

深視力 事例<不同視>3

プリズム誤差とは
そもそも眼鏡レンズはプリズムレンズの集合体と言えます。
レンズの光学中心(光心)以外でモノを見ると、レンズのプリズム作用が生じてしまいます。

この場合、プリズム作用が生じたとしても、左右が同程度の度数であれば、左右眼ともにほぼ同じ量のプリズム作用が生じてきますので通常は問題になることは少ないです。

しかし、左右差のある不同視眼ですと、左右で生じるプリズム作用が大きく異なってきます。
この誤差を「プリズム誤差」といいます。

 
 PD(瞳孔間距離)と眼鏡レンズの光心が一致することにより、プリズム誤差は生じません。
不同視のかたは、光心以外でモノを見ることが問題になる場合もあります。


プリズム誤差は水平(横)方向の誤差はあまり気にすることはありません。
なぜなら、人間の眼は水平方向に動かす眼の筋肉は柔軟性があり、融通が利くからです。
しかし、垂直(縦)方向はそういうわけにはいきません。非常に融通が利きづらいです。

垂直方向にプリズム誤差が生じれば生じるほど、疲れやすくなります。

大きいシャープなメタルフレーム

シャープな「大きいメガネ」の入荷です。

Dscn12971

サイズは 59□14です。

深視力 事例<不同視> 2

事例 6

眼位(視軸の向き)は、
R 1△B.U.(ベースアップ)
4△B.I.(ベースイン) 

上下斜位に関しては、不同視のかたの場合、テストフレームの微妙な傾きや視線の持っていきかたで「光学的斜位」が検出される場合があります。

それで、裸眼の状態で再度特殊な装置を使って眼位チェックをしてみました。
その結果、上下斜位(ベースアップ)矯正は必要ないと判断しました。

F様の場合、コンタクトレンズを作られていて、コンタクトレンズの上から眼位矯正をする方法もあります。
しかし、コンタクトレンズは角膜を痛める恐れもあります。
将来的なことも考慮に入れて、メガネ矯正をすることになりました。

それで、問題は「不同視」です。
不同視のかたのメガネで大きな問題は、レンズの「プリズム誤差」が生じて疲れやすくなるということです。

ウスカルセルフレーム「ワンドドッグ」の入荷

モデル名の「ワンドドッグ」とは直訳すると「魔法の杖の犬」ですが、これまでにリリースしました小顔の小さいセルフレームを下敷きにして、できるかぎり小顔のかたに向けたモデルのため、動物っぽい色か植物っぽい色ということで、自然志向の野生を思わせる色合いを重視しています。

それと同時に、魔法を思わせる不可思議な色合いのセル生地を使用したりと、これまでになかったアレンジにもこだわっています。

Dscn13161 Dscn13171

深視力 事例 <不同視>

事例 6

30代のF様

「教習所での深視力検査は適当に答えたら当たった。しかし本番ではダメだった。
他店でメガネを作り、コンタクトレンズも作ったが、やはりダメでした・・・・」

当店での検査

両眼開放屈折検査での基本度数(5m)は、
R(1.2×S+0.25D C-1.50D Ax85 )
L(1.2×Sー5.50D C-0.50D Ax70)

左右眼で度数差が大きい「不同視」です。
子供のときから左眼は見えにくくなっていたとのことです。

深視力(深径覚)、遠近感覚が不良の原因には、眼に関する事として

1、視力の不良(遠視、近視、乱視など)
2、眼位のズレ(斜位、斜視など)
3、不同視(左右の度数差が大きい)
4、眼球運動の不良(眼を内よせする力不足、眼を外よせする力不足など)などがあります。


メガネのハマヤでは深視力検査に合格するように、視力で0.8以上見えるメガネを作ります。
立体視が悪いようでしたら、悪い原因を探り、立体視が良くなるように調整します。
その上で、遠近感覚が良くなるように深視力計で、目のトレーニングを実施しています

スポーツにも使えるメガネ

「ゴムまりのように、柔らかく、しなやかで、しかもチタン合金よりも腰が強い」そんな不思議な合金を用いたフレームです。

日常用として、スポーツメガネとして掛けていただけます。

MADE IN JAPANにこだわっている、当店からのおすすめの純日本製品メガネ。

Dscn12961

生涯教育2021

日本眼鏡技術者協会 生涯教育2021が届きました。

Dscn13571

今年の講座は、「視覚と学習」と「眼底」。

生涯教育は実力試験問題があり、解答を提出するようになっています。

ま、「実力試験」といっても簡単なものですから、「テキストを見たか!チェック試験」の感じです。

それはそれでいいとして、講座を受けて、内容などについて質問をすることに意義があると思います。

しかし、今年のテキストには「質問用紙」がついていない・・・・・これはどういう意味でしょう。

「質問は受け付けません」ということなのだろうか?

ま、だけどDVD講座では疑問点もあり、そのことは質問してみました。

はたして解答は・・・・・。

 

 

学生さん向けのフレーム

学生さん向けのメタルフレーム

Dscn12931 Dscn12941 Dscn12951

度数の選び方 28

度数の選び方 まとめますと

・違和感の少ない度数

・視機能の向上が期待できる度数

さー、どちらを選びますか?

ということです。

もちろん、違和感は少なく、良く見えて、かつ視機能の向上も期待できるメガネがいいにきまっているのですが、

あちらがよければ、こちらが悪くなる・・・ということはおこりがちです。

言えることは「違和感」問題は時間が解決することも少なくありません。

将来的なことも考慮に入れて度数選びをしていただきますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

リドルとジーパーツの入荷です。

Dscn12791 Dscn12801 Dscn12811 Dscn12821 Dscn12831 Dscn12841

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

最近のトラックバック