« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

メガネの工具 3

ネジ折れ込修理に使用するヤットコです。

Dscn14711

ネジを掴みやすいように改造しています。

ネジ抜き修理は、いかに本体(メガネフレーム)を痛めないように抜くか・・・・です。

根気のいる作業で、テクニックも必要です。

 

丸メガネの在庫は四国で一番

丸メガネの入荷です。

当店は丸メガネの在庫は300本以上あります。

おそらく四国では一番の品揃えです。

丸メガネはお顔のサイズ、PD(瞳孔間距離)に適合するサイズをお選びください。

 

Dscn14481 Dscn14491

メガネの工具 2

跳ね上げメガネのバネ交換時に使用する工具です。

使いやすいように工夫しています。

Dscn14581

■便利なメガネ、跳ね上げメガネとは

跳ね上げメガネとは、レンズ部分を跳ね上げることができるメガネです。
跳ね上げることで、複数の使い方のできるメガネです。

●跳ね上げメガネには単式と複式があります。単式には1組のレンズが入ります。
複式には2組のレンズが入ります。

ボストン型メタルフレーム

ボストン型メタルフレームの入荷です。

「流行は繰り返す」と言うが、角ばった時代が過ぎ去ろうとしている今、時代のトレンドはボストンフレームを求めている。

知的な大人に似合うボストンフレームは、「雰囲気」を和らげ、さまざまなシーンにも溶け込みやすい。
疲弊した現在の「癒しのメガネ」かもしれないのだ。

Dscn14451 Dscn14461 Dscn14471

メガネの工具

メガネの工具「ガチドラ」を購入しました。

Dscn14571

 ガチドラの特徴は、

・ネジの頭をがっちりつかむ

・らくに回せてネジをナメにくい

です。

実際に回りにくいネジで試してみないと使い勝手はわかりませんが、

このドライバーを持った感触は、もうちょっと柄の部分が太いほうが握りやすい(力が入りやすい)かな・・・・と感じます。

近視レンズの光学中心 19

通販でメガネを購入しようとお考えのかた、もう少しよ~く考えてみてください。

●    通販では、お顔に合う枠を選ぶのは困難です。

●    通販では、お顔に合わせて調整することができません。

●    通販では、眼に合わせて度数の調整をすることは困難です。

●    通販では、眼に合わせてレンズの中心位置を設定することができません。

●    通販では、売ったら売りっぱなし、買ったら買ったきりになります。

●    通販では、もし、見え具合が悪くてもどうにもなりません。

●    通販では、もし、耳や鼻の当たり具合が悪くてもどうにもなりません。

●    通販では、アフターケアを受けるのは困難です。


「通販では、適切な近視レンズの心取りはできません」ですから、当店は通販はしておりません。

当店のメガネはお客様との共同作業でお作りいたします。メガネの仕上がり具合などもお客様との共同責任になります。

 

鯖江市産メガネフレーム

メガネの産地 福井県 鯖江市で作ったメガネフレーム

Dscn14421

近視レンズの光学中心 18

レンズの入れ替えについて

当店は、入れ替えが適切にできるかどうか、心取りが適切にできるかはどうかは、必ずレイアウト画面にて確認しています。

「大型チェーン店だから安心」ということはありません。
B様のメガネも大型チェーン店で入れ替えをされています。

フレームは、ある量販店が積極的に販売している「フィッティング調整がマトモにできない、超弾性フレーム」に入れ替えをされていました。


メガネは、やはり信頼のおける眼鏡技術者の店で作るべきです。

ウスカルフレーム「エメダール」

エメダールは、これまでに登場したウスカルメガネフレームから「大きいサイズで良いものを作る」を目指してエッセンスを抽出し、昇華させたデザインとなっています。
「穴空きタイプのウスカルメガネフレーム」として、レンズ側面に隙間を空けたデザインのメガネフレーム。

Dscn14391 Dscn14401

強度ウスカル会オリジナルフレームの取り扱いは、四国では当店のみです。

 

近視レンズの光学中心 17

近視レンズの適切な「心取り」をするには、

「レンズを入れる前のフィッティング」は大切です。
さらに肝心なのは、「レンズを入れる前にフィッティングをしないと、レンズの光学中心の正しい設定(心取り)ができない」ということです。

「光学中心の正しい設定」とは、レンズの光学中心を使用目的や目の位置によって、玉型のどの位置にするかを決めることです。

 


フィッティグでは、

・正面から見て、
メガネと眼と眉毛の位置関係などをチェックします。

チェックラインは、これらの道具を使用して正確に引きます。↓

Dscn14561

 

 

フェミニンなメタルフレーム

テンプル(腕)に特徴のあるフェミニンなメタルフレームです。

正面からはもちろんこと、サイドから見られることを意識したメガネフレーム。

横顔がキレイに立体的に演出できます。

軽くてバランスがいい、チタンフレームです。

常に新鮮さを求めたデザインと MADE IN JAPAN にこだわった、確かなクオリティーとともにお届けします。

Dscn14341 Dscn14351 Dscn14361 Dscn14371
                                                     

近視レンズの光学中心 16

レンズの入れ替えについて

メガネフレームが破損した場合などに、レンズを生かしてフレームのみ交換することができます。(できないフレームもあります)

「レンズの入れ替え」ということになりますが、この入れ替えは案外難しいです。(まったく同じフレームへの入れ替えは、問題ありません)
それは、レンズがカットされているから、大きさの制限がでてくるからです。

当然、使用していたメガネフレームより大きいメガネには入りません。(すき間ができてもよければ、入る場合もあります)

通常、同じぐらいの大きさのフレームを選ぶか、そのフレームよりも小さいフレームに入れることになります。

しかし、「小さいフレームではお顔のサイズに合わない」ということも起きてくるし、サイズはいいけど、心取りが正確にできない、ということもあります。

入れ替えは制約も多くなるということです
注意していただきたいのは、そんな制約をまったく無視して、「入ればいい」と考えるメガネ屋もいます。

心取りが不適切だと、眼の健康を害します。

一山 丸メガネの入荷です。

一山丸メガネ 入荷しました。

丸メガネって人をひきつける不思議な魅力があります。

丸メガネの世界は楽しい

丸メガネは、心が温かくなる
人間も丸くなる・・・・

丸メガネは、個性的で知的なかたに好まれる
なぜだろう・・・

丸メガネは、視野も広くなる
見えない世界が見えてくる・・・

丸メガネは、・・・・

Dscn14281 Dscn14291 Dscn14301

 

近視レンズの光学中心 15

装用テストでは、
左眼上斜位と外斜位を矯正する
R 3.0△B.U.
L 2.0△B.I.

で、試していただきますと、

「掛けているうちに、首や肩が楽になった感じがする」とおっしゃっていただけました。
それで、日常用のメガネも調製していただけることになりました。

B様が今までのメガネを掛け続けているとどうなっていたか。
メガネからくる不定愁訴に、益々悩まされていたと思います。

 

人間の眼の眼球運動は「上下方向は、水平方向に比較して柔軟には動きません」ゆえに、上下プリズム誤差が生じると眼の疲れる確率がグッと高くなるからです


光心の上下位置が合っていないと上下のプリズム誤差が発生します。
結果、眼が疲れやすくなります。

 

眼精疲労や原因不明の首、肩コリや片頭痛など、眼鏡の心取りに問題がある場合があります。

いい加減な心取りをしている売上第一主義のメガネ店も少なくありません。
眼の健康や身体の健康には、技術優先のメガネ店でメガネを調製してください。

メガネの通販はハナから適切な心取りはできません。

 

テンプル(腕)の長いフレーム(日本製)

テンプル長いフレームの入荷です。

Dscn14311 Dscn14321 Dscn14331

・お顔が大きめのかた。
・耳までの奥行きが長いかた。
・通常のメガネフレームでは、テンプル(腕)の長さが足りないために、掛け心地がイマイチのかた。

当店は、テンプルの長いフレームを在庫しています。

 

近視レンズの光学中心 14

当店での検査、両眼開放屈折検査での基本度数(5m)は、
R S-2.75D C-0.50D Ax175
L S-4.00D C-0.50D Ax175

PD(瞳孔間距離 右30.5mm、左30.5mm)

眼位(視軸の向き)は、左眼上斜位 R 4.0△B.U. 外斜位3△B.I.。

眼精疲労があり、頭痛や肩コリなどの症状がありました。

眼の位置や、耳の高さは左右同じぐらいで、左右で光心の上下位置を変える必要はありません。
PDと光心の関係も左右で、違える必要はありません。(左右で、レンズの厚みが揃ってくるメリットはあります)

お訊きしますと「今のメガネでは、眼位の検査などしなかった」とおっしゃいます。
「でも、レンズの入れ替えをしたことがある」とのことでした。

ハハーン、これで奇妙なことの原因が分かりました、
心取りを無視した、不適切な入れ替えがされていたんですね。

しかも、左眼上斜位のかたに、その斜位を助長する光心の上下位置ズレ(プリズム誤差)。
もっとも、その位置ズレによって斜位が誘発された可能性もあります。

スポーツにも使えるメガネ

スポーツ用メガネ

野球、テニス、サイクリング、ジョギング、バドミントン、卓球、などのスポーツに適しているメガネです。
もちろん、日常に掛けていただいても、何の違和感もありません。

*サイズの変更も可能です。(フレームによります)

お顔の大きいかたや、PD(瞳孔間距離)の広いかたには、お顔に適したサイズに仕上げます。

Dscn14221 Dscn14231 Dscn14241 Dscn14261 Dscn14271

 

近視レンズの光学中心 13




光心が、PDよりも右眼が狭く、左眼が広く入っている。
光心の高さは、右眼が高く、左眼が低く入っている。
このメガネは、眼位などを考慮に入れて調製したメガネなのか。

それとも・・・・・。

 

注意

え、どこに注意すればいいの・・・・

Kimg0026

近視レンズの光学中心 12

■事例

B様 スポーツメガネをお求めに来店されました。

まず、ご使用中のメガネ度数を調べました。
度数は、
R S-2.75D C-0.50D Ax162
L S-3.50D C-0.50D Ax9

光心のチェックをしたところ、奇妙なことが。
右眼用のレンズは27mm、左眼用のレンズは33mmで入っていました?

光心の高さを確認してみると、右はフロント下から16mm、左は14mmで入っていました。
ウーン、なんだか怪しい。

いや、ここで早合点して「光学中心の設定がオカシイです」なんて言えない。
優秀な眼鏡技術者が、左右のPDや、眼の位置、眼位などを考慮に入れて光心を設定してるかも知れないのですから。

「プトゥリ」入荷しました。

「Putri (プトゥリ)」 入荷

コンセプトは女性らしさ、かわいらしさの普遍的な象徴として、自然界に存在する植物や生物などをデザインモチーフとし、流行や最新技術を取り入れながら、様々な手法で表現しています。

ポップな色使いや、随所にユニークなデザインを取り入れ、遊び心溢れるフレームでありながら、奇抜すぎることなく、しっかりとした実用性を持ち合わせたラインナップとなります。

Dscn14041 Dscn14411

近視レンズの光学中心 11

A様は、そのメガネを購入したメガネ店に具合の悪さを訴えたそうですが、そのメガネ店は「間違っていません。慣れます」との返事だったとのこと。

「間違っていない・・・」、眼鏡技術者であれば、「あきらかに問題があるメガネ」と認識すると思います。
そういう認識がなかったということは、眼鏡技術者でなく、眼鏡商人だったのでしょうか。

「慣れます・・・」、人間は順応性がありますから、掛けられるぐらいには慣れていく可能性はありますが、こんなメガネに慣れたら大変なことになります。

眼の筋肉に相当な負担がかかり、眼精疲労が生じ、眼精疲労から不定愁訴を引き起こす恐れがでてきてしまうでしょう。

ご持参のメガネフレームのサイズは、53□17(フレームPD70mm)でした。
強度近視で、PD61.5mmのかたには適合するサイズではありません。
(レンズの緑厚が、耳側で分厚くなるからです)

しかも、耳側のレンズが厚すぎるとフレームのヨロイ部分に干渉してしまう構造になっていました。
それで、光心を69mmで入れたのかも知れません。

結局、当店で正常な心取りをしたメガネにやりかえることになりました。

心取りや眼位も考慮に入れて、適切に調製されているかどうかは、一般のユーザーのかたには分かりません。

メガネは見るための道具ですから、やはり光学的なことを優先されて、メガネ店選びをしたほうがいいです。
特に、度数の強いかたは、強度近視のメガネ作りに精通しているメガネ店を選んでください。

ニューヨーカー

ニューヨーカーの入荷です。

 


伝統という名の“上質”、進化という名の“洗練”

アメリカントラディショナルの基本を忠実に守り品質や質感を重要視したベーシックフレーム。伝統が培った上品な機能美と、世界に誇る日本のテクノロジーが、メガネフレームの歴史にまた新たなるページを刻む。
クラシックなシェイプからモダンなシェイプまで様々取り揃え、老若男女問わず幅広い世代の方を対象とする。

 

 


  • 18

  •  

Dscn14141 Dscn14151

日本眼鏡技術専門学校 閉校

<日本眼鏡技術専門学校 閉校のお知らせ>

の葉書が届きました。

Photo_20211001114701

私は日本眼鏡技術学校の9期生で、45年前に入校しました。

眼鏡学校時代のことは、走馬灯のように思い出します。

時代の流れで仕方ないのですが、母校がなくなるのは寂しいです。

 

 

 

 

近視レンズの光学中心 10

眼鏡調製においては、光心をPD通りに寸分も違わずに入れることは、現実には不可能です。
0.1mmの誤差も許さないということであれば、メガネは作れません。

では、どれぐらいの誤差なら許されるか、許容誤差は。

水平方向への許容誤差は、10.0Dでは問題の大きい方向(開散を強いる方向への誤差)は、「0.5△まで」という目安が存在しています。(RAL規格)
問題の少ない方向へは、1.0△です。

つまり、S-10,0Dでは、PDよりも光心が1mmぐらいは狭く入ってもいいけど、「0.5mm以上、広く入るのはダメ」ということです。
(もちろん、61.5mmで入ることが最良です)


光心がPDよりも広く入った場合、基底内方になりプリズム作用は鼻側方向に生じます。
結果、開散力が強要されることになります。

問題の大きい方向への7.5△の誤差は、規格外も規格外、無茶苦茶です。

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

最近のトラックバック