« ウスカルフレーム「ベルヘムⅡ」 | トップページ | スキーで涼しく »

斜視 2

間歇性外斜視とは、ある時は外斜視になり、ある時は外斜位になったりすることです。


↑斜視の状態が長くなると、恒常性斜視(ほとんど偏位している斜視)に移行することもあります。
恒常性斜視になり、どちらかの眼に深い抑制が入ると、その眼は弱視になる可能性が高くなります。

間歇性外斜視は、筋肉のバランスを整える手術方法もあるのですが、手術にはリスクも伴います。
手術をしたとしても、1回で上手くいくとは限りません。
そこで、光学的対応として「プリズム眼鏡」の選択もあります。
プリズム眼鏡は眼に侵襲することもなく安全で、かつプリズム度数の変更も簡単にできますので安心です。

 

« ウスカルフレーム「ベルヘムⅡ」 | トップページ | スキーで涼しく »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウスカルフレーム「ベルヘムⅡ」 | トップページ | スキーで涼しく »

最近のトラックバック