« テンプルが長い日本のメガネフレーム | トップページ | 日本製 ウスカルメガネ »

眼鏡作製技能士 7

眼鏡店で眼鏡処方箋に記載された内容を変更する ことはできないため、眼鏡処方箋の内容に不備があ ると思われた場合は、発行した医師に問い合わせる ことが大切です。(眼鏡作製技能検定HPより)
 

そもそも、眼科と眼鏡店では屈折検査の目的が違います。

眼科では、矯正視力(メガネを掛けての視力)がどれぐらい出るか、が大事です。

眼鏡店では、「快適に掛けやすい」「見やすい」「慣れやすい」「違和感が少ない」など、将来的なことも考慮に入れて、用途、用法に応じてメガネを調製していきます。

メガネはどこかが良ければ、どこかが悪くなる点もあります。

メリット、デメリットを天秤にかけて、メガネを作ることが大事です。

 

たとえば、「老眼鏡は30㎝で検査することにきまっています」と言う眼科もあります。

40~50㎝で使うことは許しませんよ・・・・と。

遠近累進メガネは、ダメ!と決めつける眼科もあります。

ユーザーの使用目的に応じた「実用的なメガネ調製のための処方」は眼科は苦手という現実があります。

それは、眼科は病気を治すことが本職だからです。

専門や目的が違うものをどこでどう折り合いをつけるのか・・・・メガネユーザーさんのためになる眼科と眼鏡店の「連携」とは。

« テンプルが長い日本のメガネフレーム | トップページ | 日本製 ウスカルメガネ »

メガネの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テンプルが長い日本のメガネフレーム | トップページ | 日本製 ウスカルメガネ »

最近のトラックバック