« 「プトゥリ 日本製」入荷しました。 | トップページ | ガールズセルフレーム »

斜視 18

斜視治療の目的は、「眼位の矯正」「視力の改善(発達)」「正常両眼視機能の獲得」である。

斜視は早期発見、早期治療が原則であり、遅くとも小学生入学までに治療を完了するべきである。

斜視は治療によって、外貌だけでなく、正常両眼視機能を獲得させねばならない。(眼鏡技術者協会 生涯教育テキストより)

 

先日、斜視のかたの親御様からご相談がありました。

「外斜視で眼科からは手術をすすめられています。ハマヤさんでなんとかなりませんか?」と。

当店で眼位の確認させてもらったところ、「右眼抑制」があり、「右眼外斜視」でした。

斜視への光学的対応としては「プリズム矯正」があります。

しかし、手術をすすめられているのであれば手術を優先してください。

お子様の場合、1日でも早く正常な両眼視機能を確立することが望ましいです。

親御様には、そういうアドバイスをしました。

« 「プトゥリ 日本製」入荷しました。 | トップページ | ガールズセルフレーム »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「プトゥリ 日本製」入荷しました。 | トップページ | ガールズセルフレーム »

最近のトラックバック