« セルフレーム「Neo Visage」 | トップページ | DAKS 入荷しました。 »

複視は辛い 22

<複視の事例 6>

ご持参メガネの度数は、

R S-2.75D Cー2.00D Ax90 Add2.00D

L Sー2.00D Cー3.00D Ax87 Add2.00D

(Addは、加入度数)

でした。

プリズム矯正はしていませんでした。

S様は大きな上下斜位がありますが、両眼視はしています。

しかし時々、複視になったりしていました。

これでは、融像力に大きな負担がかかります。

猛烈に疲れたり、偏頭痛が激しくなるはずです。

それなのに、眼科では「問題なし・・・・」との診断で、プリズムなしのメガネを調製・・・・。

ウーン、複視は辛いだけでなく精神的にも落ち込みます。(-.-)

 

« セルフレーム「Neo Visage」 | トップページ | DAKS 入荷しました。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セルフレーム「Neo Visage」 | トップページ | DAKS 入荷しました。 »

最近のトラックバック