« 腕(テンプル)の長い、日本製のメガネフレーム | トップページ | カメマンネン »

複視は辛い 41

<複視の事例 9>

眼位は検査方法によって結果が違って出る場合もあります。
今回、ある検査では8△~10△、もう一つの検査では13△B.O.でした。

120日目
内斜位量 10△B.O.
メガネそのものを作り直すことになりました。

R Sー1.25D C-0.50D Ax12  2.5△B.O.
L Sー0.75D C-0.75D Ax110 2.5△B.O.

まだ内斜位は残っているのですが、この内斜位は外眼筋麻痺が起こる前にもともと存在していた内斜位の可能性もあります。
ですから、内斜位を矯正する5△B.O.は入れるようにしました。

I様に再度しつこく「何か思い当たることはなかったですか?」とお尋ねしますと、
「インフルエンザにかかり、タミフルを飲みました。でもそれは3ヶ月前だし」とのこと。

あー、ひょっとしたら、それが原因かも?

今回、結果的に眼科の治療は役には立たなかったようです。
でもこういことはやってみないとわからないことですから、仕方ありません。
ただ、眼科は途方に暮れているI様にメンタル面での配慮が足らなかったように感じます。

まぁ、忙しい眼科に手間暇がかかるメンタルケアを期待するのは難しいです。

I様のメンタル面でのアドバイスなどは当店で行い、当店での過去に複視になったかたの事例もお話ししました。

今後I様の事例も参考にさせていただきます。

 

« 腕(テンプル)の長い、日本製のメガネフレーム | トップページ | カメマンネン »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 腕(テンプル)の長い、日本製のメガネフレーム | トップページ | カメマンネン »

最近のトラックバック