« ガールズセルフレームの入荷です。 | トップページ | ガールズメタルフレーム入荷しました。 »

近視で内斜位 22

事例 4

D様は成長し、遠視はなくなりましたが、子供時代に適切に遠視のメガネを掛けていなかったこともあり、脳には遠視の時の記憶が残っている。
だから、「時々過剰な輻輳(内斜位)が顔を出してくる」ことも考えられます。

「近業が苦手」というのも近見を明視するための調節により、脳が時々過剰な近見反応を起こしている可能性もあります。

いずれにしろ、今回の検査結果ではベースインプリズムは必要ありません。
D様は斜視でもありません。

調製度数は、
R Sー0.50D C-0.25D Ax2
L Sー0.50D C-0.25D Ax170

プリズムは入れていません。低矯正にしたのは近見時での調節性輻輳を減少する目的です。
「近見時は裸眼で明視してもOKです」とお伝えしています。

« ガールズセルフレームの入荷です。 | トップページ | ガールズメタルフレーム入荷しました。 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガールズセルフレームの入荷です。 | トップページ | ガールズメタルフレーム入荷しました。 »

最近のトラックバック