« 銘品晴夫作 | トップページ | 近視で内斜位 37 »

近視で内斜位 36

事例 6

これは、PD計の方が器械の中を覗くような感じが強くなり、そのせいでPDが狭く測定された可能性もあるということです。
内斜位のかたの眼位は不安定なかたも多いのです。

F様は②番の「プリズム入りメガネ」が具合が悪かった。ということなのですが、F様の本当のPDが61mmだとすると、このメガネはプリズム入りメガネではありません。
PDが63mmだとしても、わずかなプリズム(約0.12△)しか入っていません。
このわずかなプリズムで「プリズム入りメガネ」と表現してもいいものかどうか?

①番のメガネは、逆に光心が広く入っていました。これはベースインのプリズム作用が働くメガネになっています。
これはF様の眼位にとっては、良くない入り方です。

基本的に光心は、眼位も考慮に入れて設定するべきです。

« 銘品晴夫作 | トップページ | 近視で内斜位 37 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銘品晴夫作 | トップページ | 近視で内斜位 37 »

最近のトラックバック