« レスリング 清岡幸太郎 | トップページ | 近視で内斜位 35 »

近視で内斜位 34

事例 6
30代のF様 

メールで「おそらく、近視で内斜位だと思われます。プリズム入りのメガネを作ったが、慣れなくて掛け続けることができない」とご相談がありました。

当方からは、

さて、「近視で内斜位」の件ですが、近視で内斜位の場合、
プリズム処方をすることは少なくありません。
それは、内斜位を補正する外直筋の作用は弱いからです。

しかし、当店で処方したとして上手くいくかどうかはやってみないとわかりません。

これは内斜位に限らず言えることなのですが、メガネはやってみないと100%のことは わかりません。(具合がいいかどうか)

それは、個々により環境、適応能力、性格、心理などが異なるからです。

F様の場合「近視で内斜位」だということですが、本当は近視で外斜位なのに、測定方法により内斜位に検出されることもあります。

もしそうだとすると、お作りになられたプリズム眼鏡は掛けづらいメガネになります。
本当に内斜位だとすると、慣れづらいメガネよりも度数を調整し、慣れやすいメガネを作ることは可能だと思います。(お作りになられた度数では、慣れづらいという一つの答えがありますから)

いずれにしましても、当店で出来る限りのことはいたします。よろしければ、お越しください。

なお、お作りになられましたメガネは必ずご持参ください。

と、お返事しました。

« レスリング 清岡幸太郎 | トップページ | 近視で内斜位 35 »

目の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レスリング 清岡幸太郎 | トップページ | 近視で内斜位 35 »

最近のトラックバック