乱視は? 2

眼鏡処方箋度数

R Sー6.00D

L Sー5.75D

乱視の矯正はしていませんでした。

乱視を意図的に抜いたのか、はたまた乱視検査技術が未熟だったのかは分かりませが、乱視が適切に矯正されていないと、調節力と輻輳力のバランスが悪くなり、眼位がズレてくる恐れがあります。
眼位ズレは、正常な両眼視機能の妨げになりやすく、視機能に関してのトラブルが起きやすくなります。

近視度数もバランスの悪いメガネは、遠近感覚などの眼の機能も弱くなる恐れもでてきますので、出来るだけバランスの取れたメガネを掛けていただくことをおすすめします。

 

乱視は日本語で「乱れる」という文字が入っています。これは悪いイメージを受けがちですが、実際には人間の目で乱視のない完璧な形の目は存在しません。
つまり、目は野球のボールのようにキレイなまんまるではなく、縦のカーブと横のカーブが異なるタマゴのような形です。
そのカーブの違いを乱視といいます。

縦のカーブと横のカーブが違いは、ものの見え方のハッキリ差が縦方向と横方向では違ってきます。
人によっては、そのことで眼精疲労の原因になることもあります。
乱視による眼精疲労は、乱視を適正に矯正することで解消されます。

なお、乱視そのものは病気ではありません。ご安心ください。

 

乱視は?

事例

10代の学生様

眼鏡処方箋をご持参されました。

処方度数は、

R Sー6.00D

L Sー5.75D

前眼鏡度数は、

R Sー4.50D Cー0.25D Ax15

L Sー4.50D Cー0.25D Ax150

です。(Sは近視度数、Dは度数の単位、Cは乱視度数、Axは乱視軸)

前眼鏡度数は、当店検査で調製しています。

 

眼鏡処方箋度数で、視力チェック、バランスチェックをしたところ、バランスが悪かったです。

それで、親御様とのご相談で当店でも屈折検査等をすることになりました。

当店検査度数、(両眼開放屈折検査)

両眼バランスをとって、5mでの完全矯正度数は、

R S-6.00D C-0.50D Ax25

L S-6.00D C-0.50D Ax155

 

親御様とのお話合いで、当店検査の完全矯正度数で調製することになりました。

乱視も適切に矯正しました。

 

眼鏡作製技能士 15

------------------------------------------------------------

まとめ

眼科専門医と連携して眼の健康を守ることが、眼鏡作製技能士の大切
な職務のひとつである。
・「眼の健康を守る」という共通の目的の為に、眼鏡作製技能士は眼科専門医と連携することが大切です。

(眼鏡作製技能検定HPより)
------------------------------------------------------- 

まとめ

「お互いの利益を守る」という共通の目的の為に、眼鏡作製技能士は眼科専門医と連携してはならない。

眼鏡作製技能士は、「眼鏡商人」ではなく、国家検定を持った「専門職」になるのですから。

その職務は崇高なものでなければならない。

 

眼鏡作製技能士が誕生することにより、眼科と眼鏡店の良き関係が構築できるでしょうか。

本当に「眼の健康を守る」ために、連携できるでしょうか。

眼鏡作製技能士は、「コンプライアンスを厳しくしましょう」ということですが、

眼科との不明朗な関係が払拭されるでしょうか。

 

さてこの先どうなりますことやら。

 

 

眼鏡作製技能士 14

眼鏡作製技能士の理念は、

「目の健康を守るとい う共通の目標に向かった、 眼科専門医と眼鏡作製技能士の連携です」

 

眼科と眼鏡店の連携が大切なのは前からわかっていました。

しかし、技術的な連携をしたくても、してくれない経済的な事情(利害関係)もありました。

それで、「眼鏡調製報告書」を送ったりしてみました。

「技術的な連携をしていただけませんか」と。

しかし残念ながらこの時(事例1)は、お返事はいただけなかったです。

おそらく報告書はゴミ箱へ直行したのでしょう・・・・( 一一)

技術的な連携は難しい現実がありました。

--------------------------------------------------------

当店HPより

事例1
眼鏡処方箋をご持参のお客様。

お客様の使用目的などをお訊きしますと、遠近累進メガネが適していました。
しかし、処方箋には遠用度数の記入しかありません。
このままでは遠近累進メガネは調製できません。

再度、眼科に行っていただくという方法もあるのですが、「遠近累進メガネは、当店で測定させていただいたほうが、当店は安心して作ることができます」とご提案しました。

その場合はお客様との共同作業でメガネを調製し、お客様と当店の共同責任ということになります。
責任の所在がハッキリしますから、その点でもお客様にとって好都合です。

お客様のご判断で、当店処方で遠近累進メガネを調製することになり、詳しい検査をしました。

検査の過程などは、こちらをご覧ください→「眼鏡調製報告書」←クリック

眼科には「当店が調製責任を持ちます」と同じ内容の報告書を送りました。

-------------------------------------------------------------

朗報として

令和の時代になってからは、技術的な連携を積極的にしてくれる眼科がでてきました。

これは理想的な連携で、メガネ難民と言われるかた(眼科処方で調製したが、具合が悪い。レンズ交換をしても同じこと)が確実に減少します。

国民の利益になります。

 

眼鏡作製技能士 13

一方、眼科専門医に求められていることは、眼鏡を作製する時には、必ず、元の眼鏡店へ顧客を戻すというUターン紹介です。

顧客が眼鏡店に戻った時、眼鏡技術者がその方の眼の状態を理解していれば、顧客との信頼関係が深まると考えられます。

(眼鏡作製技能検定HPより)

 

Uターン紹介、賛成です。

信頼関係が深まるのは間違いありません。

 

一方、いつのころからか、全国的に「無料保証のあるメガネ店へいきなさい」とアドバイスをする眼科が増えてきました。

その関係は「不信」に繋がります。

高い倫理観が求められる眼の専門家の眼科医師が、それでは困ります。
メガネの重要性を考えるなら「表面的な安さなどに惑わされず、調整をキッチリやる店で、信頼のおけるアフターケアのしっかりした店を選んでください」と、光学的、力学的など総合的な面から判断してメガネ店選びのアドバイスをしてもらいたいです。

 

当店は弊害の多い「眼鏡処方箋無料保証」はしていません。

それでもUターン紹介してくれるでしょうか・・・・・。

眼鏡作製技能士 12

眼鏡作製技能士に求められる眼科医との連携
⚫ 眼鏡処方箋に基づいた眼鏡作製が必要な場合
① 眼の状態が疑わしい場合 (眼疾がありそうな場合)、
② 幼児・学童に作製する場合、
③ 遠用もしくは近用眼鏡を初めて作製する場合には、 眼科専門医へ紹介し、眼鏡処方箋に基づいて眼鏡を調製する。

(眼鏡作製技能士公式HPより)

 

①と②の連携はいいとしても③のメガネユーザーさんが「眼科受診必須」になると、益々眼科は混雑します。

それでなくても眼科は患者さんで溢れているのに、それでいいんですかね・・・・。

「必要な人だけ紹介する」ではいけませんか!

病院がキライな人もいますし、そもそも「病院は危険なところでもある」という医師もいます。

そんな危険なところに半強制的に行かせるよりも、任意のほうがいいと思います。

 

それと「遠近両用眼鏡」が初めての場合は、紹介しなくていいの?

「メガネを初めて作る場合は、遠近両用メガネになります」というのは何だかオカシイ・・・・。

 

眼鏡処方箋に基づいて調製」も抽象的です。

「眼鏡処方箋に基づいて、眼鏡店で度数を調製してもいいものかどうか」

しかし、眼鏡作製技能士は「眼鏡処方箋に記載された内容を変更することはできない」とされています。

「ただし、記載内容不備などがある場合は医師に問い合わせをすることが必要である」とも書かれている。

ウーン、微妙・・・・( 一一)

眼鏡作製技能士 11

眼科発行の眼鏡処方箋でメガネを調製。

その調製度数では「具合が悪い」となった場合。

処方責任は眼科医師にあります。

しかし医師は結果責任を問われません。

---------------------------------------------------

眼鏡店で眼鏡処方箋に記載された内容を変更する ことはできないため、眼鏡処方箋の

内容に不備があ ると思われた場合は、発行した医師に問い合わせる ことが大切です。(眼鏡作製技能検定HPより)

------------------------------------------------------------

この記述は、結果責任は「問い合わせをしなかったメガネ店にある」でもない。(多分)

責任の所在があいまいです。(-.-)

 

やはり、責任の取り方としては「メガネはお客様との共同作業で作り、共同責任になります」がベターです。

メガネ店でできる普通の処方(治療を目的とするものではない)は、眼鏡作製技能士のいるメガネ店に委ねてもらいたい。

そのほうが国民の利益になります。

 

「病気のことは眼科さんに、メガネのことはメガネ屋さんに、眼鏡作製技能士は眼科と連携します」となることを願います。

 

眼鏡作製技能士 10

眼鏡店で眼鏡処方箋に記載された内容を変更する ことはできないため、眼鏡処方箋の内容に不備があ ると思われた場合は、発行した医師に問い合わせる ことが大切です。(眼鏡作製技能検定HPより)

 

眼鏡処方箋に記載されているのは「調製度数(実際に作る度数)」しか書かれていない場合がほとんどです。

これでは、不備があるかどうかを判定するは困難です。

 

本当の患者さんの度数(完全矯正度数)はどうなのか。

完全矯正度数よりも弱めているのか。

患者さんのメガネの使用目的、用途、用法はどうなのか。

矯正視力(メガネを掛けての視力)はどれぐらい出ているのか。

左右の視力バランスなどは取れているのか。

無限遠の景色などの見え方チェックはしているのか。

前眼鏡を考慮に入れた度数なのか。

眼位(視軸の向き)はどうなのか。

眼位を考慮に入れた度数なのか。

PD(瞳孔間距離)は、眼位を考慮に入れた設定か。

そういう検査等の情報がありませんから、患者さんに疑問点や不安点を尋ねられても「病院にお尋ねください。不備があるかどうかは当方ではわかりかねます」とお答えするしかありません。

しかし、眼科医への質問は気軽にできない現実もあります。

検査内容等をすべて記載した眼鏡処方箋を発行してくれればいいのですが・・・・それは無理でしょう。

眼鏡作製技能士 9

 

Png

眼鏡処方箋には記載不備がちょくちょくあります。↑

(左 円柱の符号が書かれていません)

こういう不備は、すぐにわかります。

しかし、乱視軸の記載ミスなどは簡単にはわかりません。

たとえば、本当の乱視軸が100°のところを180°と記載されていても、処方箋を見ただけではわかりません。

処方箋に記載された内容を変更することはできません。

不備があるとも思えないのでメガネ店では180°で調製します。

 

調製後、「180°は記載ミスだった」と不備が判明したとしても、まったく責任をとらない眼科もあります。

それどころか、そのミスを帳消しにするために、メガネ店に無料でレンズの交換を要求する眼科もあります。(-.-)

(ミスしたって平気。無料で交換してくれるメガネ店がいるので・・・・と、この眼科はミスが多いかも知れません)

 

国家資格である「眼鏡作製技能士」は、そういう要求に応えないことが大事です。

 

 

眼鏡作製技能士 8

眼鏡作製技能士は、眼鏡処方の内容に不備があると思われた場合は、眼科医師に問い合わせしなければいけません。

乱視について

眼科の発行した眼鏡処方箋では、乱視軸が90°や180°で処方されていることが多いです。
しかし、人間の眼はピッタリ水平乱視、垂直乱視は意外に少ないです。たとえば乱視軸が90°方向でもキッチリと測定すれば85°の乱視というのはよくあることです。
本当は乱視軸が85°の眼を90°でメガネを作ってしまうと、乱視が強ければ強いほど見え方の矯正効果がおちてしまいます。

眼科ではクロスシリンダーで、細かく測定しているところは少ないです。
それは、眼科はそもそも病気を治すのが本職ですから、メガネ調製のための細かい度数合わせに時間がとれない(とらない)場合が多いからです。

 

乱視軸の違いなども「内容の不備があると思われた場合」と考えていいものだろうか?

「本当の乱視軸は85°ではないでしょうか」と問い合わせをするのは「指摘」になりそうだし・・・・。

眼科からは、「何をエラソーに」と睨まれませんか・・・・( 一一)

睨まれても平気なメガネ屋って少ないですよ。

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック