大きいセルフレーム

大きいセルフレームの入荷です。

Dscn08291 Dscn08281

大きいメガネ「エルゴノピー Ⅱ」

かつての作品「エルゴノピー」を少しマイナーチェンジした『エルゴノピー2』の登場です。

 チタン素材で、重厚感のある安定した玉型とフォルムを持つ、構造的にも安定したデザイン。
丸みを帯びたスクエア(四角形)という、定番のレンズ形状で時代の波に埋もれないだけの高級感と落ち着きを持っています。

エルゴノピーⅡはエルゴノピーと見た目がかなり似ています。
違いは、腕の側面に小さな飾り穴を開けたことと、先セルの上下幅を少し大きくしたことくらいです。

Dscn07941 Dscn07931

 

大きいメガネ「メルカータ」

大きいメガネ研究会のオリジナルの「やや大きめ」サイズのフレームでは、特にハイセンスの視点で製作したものです。

Dscn06761 Dscn06751

流麗な曲線美、機能的で合理的なフォルム、丈夫な丁番パーツを採用した、レトロ・フューチャーな雰囲気が持ち味のモデルです。
サイズ設定は、55□18 で、レンズの縦寸が34mmありますので、累進レンズも悠々と使えます。

大きいメガネ「ビオロンセロ」

大きいメガネ研究会のオリジナルのセルフレームとして、安定感を感じるレンズ型…

ビオロンセロ」が入荷しました。


横幅の長めのラウンドスクエアタイプの落ち着いたモデルとなっています。
未来的フォルムを感じさせながら懐古調のクラシックも思わせるデザイン、しかしながら素材感は、近代ヨーロッパのアートを思わせる、他面複合的なイメージが持ち味のフレームです。

Dscn04761 Dscn04771 Dscn04781

大きいメガネ「ジムビート」

大きいメガネ「ジムビート

大きいメガネ研究会のオリジナルのセルフレームでは、最大級の天地幅を持つ、安定感のあるサイジングとなっています。
ドイツ風の、「流行を一歩リードするスタイル」を実現しつつも、力強いデザイン、高級感と実用性を併せ持ったクラシックなモデルです。
Dscn03511 Dscn03521

大きいメガネ「ジローバー」

かつて、特に大きいメガネのセルフレームとして、「ゼルネス」というモデル名のメガネを、リリースしたことがあります。
そのゼルネスのイメージをできるだけ活かしつつ、上下のサイズ変化させて、より視界を広くし安定感を高めた新しいモデル、「ジローバー」として、誕生しました。

新入荷の大型セルフレームです。

 

Dscn03141 Dscn03151 Dscn03161 Dscn03171

 

大きいメガネ「ロステッド」

「セルフレーム」というジャンルで、大きいメガネは、どこまでカッコよくなれるのか。
限界に挑戦した、オリジナルフレーム「ロステッド」が完成です。

スクエアフレーム・タイプの大きいメガネで、スマートにしてシャープ。
シルバー・アクセサリーの装飾品を思わせる、鋭角的なフォルム、カッティングにこだわった自信作となっています。

Dscn02951 Dscn02941 Dscn02931

 

大きいメガネ「バイオラント」

細身のスマートな入魂のフォルムを持つ、現代的なデザインのセルフレームです。
大きめサイズで、かけやすい工夫が随所に。
それが「バイオラント」です。
サイズは 56□16となっています。
軽すぎず、重すぎずのバランスよいフォルムを目指した、高級感あふれるスタイル。

Dscn01561 Dscn01551

大きいメガネ「グラッソスR」

大きいメガネグラッソスシリーズから「グラッソスR」 が新しく企画されて入荷の運びとなりました。
前回のグラッソスⅡと比べ、変えた部分といいますと……

中央分の「ブリッジ」と呼ばれる部分を、やや上下幅広めにして耐久性をわずかに強化することに成功。

フロント両サイドの「智」と言われる部分にはわずかな丸みをつけ、流線型に近づけています。

Dscn00761 Dscn00751

 

 

大きいメガネ「アインケーゼ」

大きいメガネ研究会オリジナルフレーム『アインケーゼ』が完成しました。

今回は「ドイツ風」のセルフレームの造形をめざし、フレーム上部に「斜めカット」を入れ、ハイセンスかつ、流行を上回る普遍性への挑戦を意識。

シャープな造りと、遠近両用でも対応するレンズ上下幅を持つ、利便性の高いモデルです。

Dscn17761


Dscn17771

より以前の記事一覧

最近のトラックバック