調節について 5

調節力の不足を補うメガネとは

「近業距離は、何㎝なのか!」これは、老眼鏡を作る上で大事な要素です。
「老眼鏡は、30㎝で使用することに決まっています」と、言う眼科医もいますが、それは間違っています。
近見視力測定は30㎝ですることが基本でも、近業距離は人それぞれです。

当店は、お客様の作業距離に合わせてメガネを調製していきます。

いや、そんなことよりも「調節力をまったく使用しないように、メガネを調製してくれればいいのでは」と思われるかたもいらっしゃると思いますが、そのように調製することは、おすすめできません。

持っている調節力の何割かは使ったほうがいいです。(ただし、特殊な作業で、無調節にしたほうがいい場合もあります。また、70歳を超えますと、調節力そのものが0D近くになりますので、調節力は発揮できなくなります))

それは、まったく調節を使用しないと輻輳(眼球を内側に寄せる力)とのバランスが悪くなり、斜位になる恐れもあるからです。
また、そういう調製をしますと、明視域がせまくなり、かえって不便になることもあります。

調節について 4

調節力は、加齢に伴って次第に低下していき、近点は次第に遠ざかっていきます。
45歳ぐらいで約3D~3.5D程度、50歳ぐらいで約2.5D~3.5Dになってしまいます。

調節力が2.5Dのかたの近点距離は、約40㎝(100÷2.5)です。近業をするにはやや不自由になります。(ただし、近業距離は人それぞれですから、不自由を感じないかたもいます)

また、調節力を目いっぱい使って近業をするのは、すぐ疲れます。

調節力の不足を補うメガネ(老眼鏡)が必要になります。

 

通常、老視が始まる(意識する)のが40代半ばです。

近くのものが見えづらくなり、「あー、とうとうきたか!人生も半分終わった」とネガティブにとらえるか、
「さー、これからは第二の人生!アグレッシブに生きていこう」とポジティブに考えるか。

これは、「あー」よりも「さー」、ネガティブよりもポジティブが絶対にいいです。

マイナス思考のかたは、それだけで免疫力が下がり、自律神経のバランスが崩れてきます。
自律神経失調症などの病にかかりやすくなります。

プラス思考のかたは、気持ちに張りがあり、交感神経と副交感神経のバランスがよくなります。
つまり病気にかかりづらい体になります。
いつまでも張りのある顔、張りのある肌でいられます。

調節について 3

調節力はレンズのパワーである「D」(*D=Dioptorieディオプトリー)で表すことが可能です。

たとえば、正視の人が目いっぱいに水晶体を膨らませて、40㎝まではピントが合い、40㎝よりも近い距離ではボケて見える場合、40㎝を近点(調節近点)といいます。

このかたの調節力は、 100÷近点距離(40㎝)=2.5Dという計算で求めることができます。
すなわち、「レンズの+2.5Dに匹敵するパワーを水晶体が持っている」と思ってください。


40㎝の距離で、かろうじて文字は見えています。


40㎝より近い距離では、文字はボヤけて見えています。
このかたの調節力は、2.5D。
このかたは、メガネなしでは近業は不自由です。



調節について 2

40代からは、一つのメガネで快適な視生活を送ることがより困難になってきます。

眼の「調節力」が弱くなるからです。

その「調節力」はメガネを作る上で、非常に重要なチェック項目です。

それは、メガネ検査においても同じことが言えます。

調節力をいかに上手にコントロールするか・・・・です。

 

40代からの、メガネ選び(度数選び)

メガネは、メガネタイプによりましてそれぞれの特徴があり、それぞれ長所短所があります。

その中からお客様との共同作業で用途に合わせてメガネタイプ、メガネ度数を調製していくことになります。

  • 遠方専用メガネ(遠近両用レンズではない単焦点レンズ)
  • 近方専用メガネ(遠近両用レンズではない単焦点レンズ)
  • 遠近両用メガネ(遠近両用累進レンズと、二重焦点レンズ)
  • 中近両用メガネ(中近両用累進レンズと、二重焦点レンズ)
  • 近々両用メガネ(近近両用累進レンズと、二重焦点レンズ)
  • 近見サポートレンズ(調節筋肉の働きをサポートするレンズ)と、メガネにはタイプがありまして、それぞれに一長一短があります。

 

調節について

*  調節力(調節機能)とは

私たちがモノを見たときピタリとピントがあって見えるのは、眼に入ってきた光が網膜上にきちんと焦点を結ぶからです。しかも眼は、ある一定の距離のモノだけ見えればいいわけではなく、私たちの生活の場面に応じ、様々な視距離のモノを見なくてはなりません。

 


たとえば上図は、無限遠方のモノを見てピントが合っている状態(網膜に焦点が結んだ状態)を表していますが、眼が全くこのままの状態で近くを見ると、下図のように焦点は網膜より後ろにいってしまい、モノがボケて見えます。

 


そこで眼はカメラのレンズのように、見たい距離に応じて屈折力(光線を曲げる力)を変化させ、焦点を網膜上に合わせる機能を持っています。これを眼の調節機能といい、その役割を「水晶体」とよばれる眼の中にあるレンズで行っています。
上図のような場合は、水晶体を膨らませることでより強い屈折力を得、下図のように網膜上に焦点を合わせています。


人間は近くを見るとき、毛様体とよばれるところにある筋でこの水晶体を膨らませてピントを合わせるわけですが、水晶体を薄くするとき(遠くを見るとき)は筋をゆるめるだけでいいので、遠くを見るよりも近場の作業の方が眼が疲れるわけです。すなわち人は遠くを見ているときが一番楽だということですね。

ちなみに老眼(正しくは老視)とは、加齢による老化でこの水晶体が硬くなってしまうことや毛様筋が弱ってしまうことにより、水晶体を膨らませづらくなった状態をいいます。

セイコーHPより

遠視性不同視 3

近見視力検査視標です

右眼、左眼、両眼と近見視力を測定してください。
いずれかの視力が弱い場合は、遠視、遠視性不同視の可能性があります。

 
当店に近見視力視標は、在庫しています。

 

遠視性不同視 2

遠視性の不同視では、遠視の強いほうの眼が弱視になることがあります。

右眼 弱度の遠視か正視


右眼に映る像は、調節力をつかってピントを合わしています。

 

左眼 中度~強度の遠視


左眼に映る像は、遠視度が強くて、調節力をつかってもピントが合っていません。 

臨界期後に生じた不同視は、重度な視機能発達障害にはなり辛いのですが、調節システムのアンバランスなどにより、さまざまな症状がでてくる恐れがあります。

遠視性不同視

遠視性不同視

不同視でも、両眼視に影響しやすいのは、近視性よりも遠視性の不同視です。

近視性不同視ならば、右眼で遠方を見て、左眼では近方を見るというような使い分けシステムも存在しています。
近見時に近眼が強いほうの眼にもピントを合わすことが可能なので、弱視にはなりにくいです。
(強度近視性不同視は、弱視になりやすくなります)

一方、遠視性不同視で遠視が強いほうの眼は、近見時にも網膜に鮮明な像が結びづらくなり、弱視や斜視になりやすいです。
もし、視機能発育期間である臨界期(約9歳ぐらいまで)に適切な矯正がされないと、一生後悔することにもなりかねません。

不同視の分類

不同視の分類

屈折状態によって、不同視が分類されています。

1、両眼近視性不同視
両眼とも屈折状態が近視の眼

2、両眼遠視性不同視
両眼とも屈折状態が遠視の眼

3、異種不同視
片眼の屈折状態が遠視で、他眼が近視の眼

4、片眼近視性不同視
片眼が正視で、他眼が近視の眼

5、片眼遠視性不同視
片眼が正視で、他眼が遠視の眼


不同視は、左右眼で視力差が生じ、両眼視機能低下をきたしやすくなります。
両眼視機能が低下すると、斜位になりやすくなります。

斜位になると、眼精疲労、頭痛、首、肩コリなどの症状がおきやすくなります。

私は、子供の時は片眼近視性不同視で、右眼の視力は1.5でほぼ正視、左眼の視力は0.08で近視でした。
片眼が1.5の視力がありますから、見え方にはまったく不自由はありませんでした。
しかし、眼精疲労があり、集中力にかけている面がありました。
遠近感を必要とする球技は苦手で、スポーツが嫌いになっていました。

片眼不同視は、見え方に問題がない場合、長期間不同視を未矯正のまま放置されやすいです。
結果、両眼視機能に問題が起きる可能性が高くなりますから、日ごろから左右眼での視力をチェックしてください。


眼鏡学校に入学してから、不同視矯正をしたのですが、遠近感覚などの深径覚は弱いままです・・・・。
もし、学童期に適切な不同視矯正をしていたら、もっと勉強もスポーツもできていたでしょう・・・・?

 

近視について 138

事例

10代のB様

令和2年 10月に「黒板の文字が見えづらい」とご来店されました。

両眼開放屈折検査(5m)での完全矯正度数は、

R S-5.5D C-0.25D Ax165

L  S-4.50D C-0.75D Ax180

令和2年 6月の完全矯正度数は、

R S-4.75D C-0.25D Ax170

L S-3・75D C-0.50D Ax10

でしたから、短期間に近視度数が進行しています。

これは、身体の成長とともに眼軸も伸びる(成長する)傾向にあるので、10代のかたにとっては珍しいことではありません。

 

完全矯正度数のデータを記録しておくことは大事なことです。

調製度数だけの記録では、近視度数の正味の変化がわかりません。

 

B様の場合、「席が後ろのほうになったので、黒板の字が見えづらい」ということでした。

教室は前のほうと後ろでは距離の差がけっこうありますから、それによって見えづらく感じるのでしょう。

矯正視力(メガネを掛けての視力)が0.7ぐらいの場合、

「前だOKだけど、後ろでは見えづらくてダメ」というのはよくあることです。

それでB様には、

R S-5.00D  C-0.25D Ax165

L  S-4.00D C-0.75D Ax180

の度数をご提案してみました。

この度数ならば、前回の度数とは約2段階の差ですから、慣れやすいです。

 

10代のころは、度数の変化が早い傾向にあり、

視力が弱いままで、過ごしていると視機能不良(眼位異常)になることもあります。

20歳ぐらいまでの1年、1年はとても大事です。

こまめに視力チェックなどをすることをおすすめします。

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック